住之江第九合唱団 in OSAKA

住之江第九ロゴ 1998年に住之江小・加賀屋小・加賀屋東小・住吉川小生涯学習ルーム共催で「住之江第九を楽しむ会」が発足しました。住之江区在住の木村俊明先生のご指導のもと、過去12回大阪城ホールでの「1万人の第九」に連続して参加してまいりました。2009年2月18日、より幅広く地域の皆さんと共に感動を味わいたいとの思いから、発展的に名称を「住之江第九合唱団 in OSAKA」に改めました。
第九を歌う喜びと感動を住之江で!という気運が高まり、「世界にはばたく第九を住之江から」をスローガンに活動しております。
将来的には、住之江区に市民オーケストラを育成し、合唱団とのコラボレーション演奏を目標にがんばっています。

指揮者・合唱指導者

木村 俊明 先生

木村俊明先生写真 大阪教育大学特設音楽課程声楽科卒業。
声楽を浦山弘三氏、市来崎のり子氏、指揮法をロベルト・ヴリーゲン氏、コントラバスを宮澤敏夫氏・西出昌弘氏に師事。
卒業と同時に大阪フィルハーモニー交響楽団コントラバス奏者のオーディションに合格。同オーケストラ副主席奏者として12年間活躍。
同団退団後、音楽教育に奉職(元大阪信愛女学院短期大学教授)する一方、ソロや室内楽演奏、合唱指導者のほかオーケストラ活動を開始する。
大阪市民管弦楽団、西宮交響楽団、宝塚市交響、近畿フィルハーモニー管弦楽団、交野シティ・フィルハーモニック、アンサンブルコスモリバティ指揮者、東大阪第九シンフォニー合唱団指揮者、みどりの風星田コーラス指揮者、福島区民合唱団指揮者、合唱団Jo-9♪(城東区民合唱団)指揮者、サントリー「1万人の第九」合唱指導者、大阪市民管弦楽団顧問を歴任している。大阪楽友協会会員。

ピアニスト

植田 祐加里 先生

植田祐加里先生写真 大阪音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業。同大学卒業演奏会に出演。
ピアノを重久佳子、田中文広、伊藤勝の各氏に師事。
またウィーンにてヴィクトア・トイフルマイヤー、アレクサンドル・ゲヴェロヴィッチの各氏の指導を受ける。
第23回日本ピアノ教育連盟ピアノ・オーディション奨励賞受賞。第46回なにわ芸術祭新進音楽家競演会、兵庫県舞台芸術団体フェスティバル参加事業公演等に出演。
現在、合唱伴奏の他、室内楽やソロ等多方面で活動中。アンサンブル・テオフィールメンバー。神戸音楽家協会会員。

inserted by FC2 system