住之江第九合唱団 in OSAKA

住之江第九ロゴ 1997年に「1万人の第九」に感動した有志が、1998年「住之江第九を楽しむ会」を発足。住之江小・加賀屋小・加賀屋東小・住吉川小生涯学習ル ームの共催事業として活動。「1万人の第九」に連続出演し、第九の感動を分かち合う。そして2009年2月18日「住之江第九合唱団 in OSAKA」と 改名。住之江小生涯学習ルーム事業として地域に根ざした混声合唱団となる。ベートヴェンの第九及び合唱音楽を通して地域の文化向上を図 ることを目的にする。2010年1月24日には、第1回「住之江の第九」を開催。2011年より相愛大学とのコラボ演奏会「住之江の第九」を行う。2015 年11月3日第4回「住之江の第九」に多くの感動を呼ぶ。その後も地元開催の演奏会に各種参加して、合唱の素晴らしさを分かち合う。今後も、老 若男女、経験者・未経験者を問わず音楽の楽しみを発信し続けます。

指揮者・合唱指導者

木村 俊明 先生

木村俊明先生写真 大阪教育大学特設音楽課程声楽科卒業。声楽を浦山弘三氏・市来崎のり子氏、指揮法をロベルト ヴリーゲン氏、コント ラバスを宮澤敏夫氏・西出昌弘氏に師事。卒業と同時に大阪フィルハーモニー交響楽団コントラバス奏者のオーディシ ョンに合格。同オーケストラ副主席奏者として活躍。同団退団後、音楽教育に奉職(元大阪信愛女学院短期大学教授)す る一方、ソロや室内楽演奏、合唱指導者のほかオーケストラ指揮活動で活躍。
現在、住之江第九合唱団 in OSAKA 指揮者、交野シティ・フィルハーモニック 常任指揮者、東大阪第九シンフォニー合唱 団 指揮者、みどりの風 星田コーラス 指揮者、なにわフロイデ合唱団指揮者、サントリー1万人の第九 合唱指導者、大 阪市民管弦楽団 顧問。大阪楽友協会会員。

ピアニスト

植田 祐加里 先生

植田祐加里先生写真 大阪音楽大学卒業。同大学卒業演奏会に出演。ピアノを伊藤勝、A.ゲヴェロヴィッチ、室内楽をT.エーリッヒの各氏に師 事。ウィーン冬期講習会、プラハ室内楽フェスティバル等ヨーロッパ各地で研鑽を積む。第23回日本ピアノ教育連盟ピア ノ・オーディション奨励賞受賞。
第46回なにわ芸術祭新進音楽家競演会に出演。現在、関西を中心にアンサンブルピアニストとして活動中。"アンサン ブルテオフィール"メンバー。神戸音楽家協会会員。

inserted by FC2 system